はじめのい~~っぽ♪

保護犬の預かりブログです。

サニー本来の姿(・・・母の解釈)

滅多に声を出さないおとなしいサニーが、最近は、ちょこちょこ声を出してくれるようになりました。鳴くことで自分の気持ちや欲求を伝えようとする場面が増えたのです。しかも、声量もアップし、ピンと張りのあるしっかりした声が出るようになりました。
ストレスによる吠えという感じではないので、リラックスして自己主張できるようになったということかな、と喜んでいます。

鳴くことが増えたとは言っても全然うるさくなくて、サニーの鳴き声を聞くと、かわいくっていじらしくって駆け寄ってキューっと抱きしめたくなってしまう母。迷惑がられてます

わ~ママが来たー



我が家での生活に慣れて遠慮したり身構えたりする必要がなくなったのでしょう、鳴くことに限らず、今はだいぶ本来のサニーの姿を見せてくれているな、と思います

利発で賢そうでしょ~
これがわたしです!


人懐こくて甘えんぼ。食べることへの意欲が旺盛でおてんばで。
一歩とニアミス!というアクシデントが起こると、真正面から立ち向かう気の強いところもあり。
一歩に説教されてもサラッとうまくその場を収めています。

弱い部分も見えるようになりました。

強烈な第一印象だった「物怖じしない子」というのは、今はちょっと違う捉え方になっています。
意外に緊張しいのところがあって、それで逆に初めての場だと弱い姿は見せず堂々としているというか・・。
緊張して萎縮したりはしないけれど、結構繊細なところもあってひそかに自分なりに乗り越えているときもあるというか・・。
母にはそんな風に見えるようになりました。

うちに来た直後のサニー
以前はこの写真に「来てすぐくつろぐサニー」とタイトルを付けましたが、今は緊張しているように見えます。身体が少し引いています。更に左前脚があがることも。




でも基本はやっぱり、陽気でたくましい子だなと思います

まっすぐ見つめる目が素敵
まっすぐ見つめる目が素敵


犬が新たな場で生活していくことになった時には、不安や怖さから、様々な配慮が必要になるような行動をするタイプの子もいる一方で、おりこうさんで何も困らされることもないようだけれど、ひそやかに葛藤しているサニーや一歩のようなタイプの子もいるのですね。
前者の子との付き合いは、最初がまず山あり谷ありの勝負なのでしょうが(←未経験)、後者の子は、安心して本来の姿が出せるようになった時、そこからがやっと本当の付き合いだな、という感じがしています。

サニーとの付き合いも、いよいよそうなってきたわけです。


安心したら本来の姿が出せるっていうのは犬も人間も同じですね
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村



寸前でつながった命です。今度こそ最後まで大切にしてくれる家族を待っています
Red-String


関連記事

ジャンル : ペット
テーマ : 里親探し

[ 2011/12/17 13:32 ] サニー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する