はじめのい~~っぽ♪

保護犬の預かりブログです。

津波避難訓練に参加してきました

先日ブログに書いた、津波避難訓練。

参加してきました。


10時に南海トラフ巨大地震発生。震度6弱



そこから3分間、各自地震の揺れから身を守る。
(①姿勢を低く!  ②体・頭を守って!  ③待つ!)



10時3分に大津波警報発表。



5mの津波が来る前に、津波避難ビルや、津波による浸水の可能性が低いとされる場所までの避難開始。


このような想定、流れで訓練が行われました。


我が家の参加者は、兄ちゃん、ちい姉ちゃん、母&一歩といくちゃん。

お姉ちゃんと父は欠席でした。

10時になると同時に、母が一歩を、兄ちゃんがいくちゃんを抱きかかえ、全員が我が家で一番頑丈なテーブルの下へ。

3分間、テーブルの下にもぐって待ちました。

一歩もいくちゃんも、何事か普段とは違うものを感じたのでしょうか。

3分間、身じろぎもせず、ジッと静かに抱かれていました。

これに実際は激しい揺れが加わり、あれが落ちてくるかも、これが倒れてくるかもなど、テーブルの下から部屋を眺めると見えてきました。

これは配置替えも考えた方がいいかも・・・。

本当にそんな大きな地震がきたら、犬たちが今回のように、静かにジッと抱かれていてくれるのか、その時になってみないとわからない、というような怖さがあります。

それでも今回実際にその動作をしてみたことで、頭の中だけでイメージしているのではわからなかったことが体験できたと思います。

これからも時々やってみよう・・・。



大津波警報発表。

できるだけ素早く安全に身支度を整えて、まずは近くの小学校まで避難します。


地震への危機意識がないわけではないのだけれど、いろいろ不足のことがあり過ぎる。

今回の訓練で、そのことがハッキリとわかり、あれが必要だ、こういう物をここに置いておかないと意味がない、など確認することができました。



さて、犬たちにハーネスとリードを付け、キャリーバッグに入ってもらいます。

多少手こずりながらも、一歩もいくちゃんも協力してくれて、スムーズに入ってくれました。

とは言っても、トイレに行ったり上着を着たり、それぞれの身支度を整えて、犬たちの安全を確保し、「よし!出発!!」と玄関を出てみたら、もう10時15分。

お隣さんは、10時5分には家を出たとのことなので、やはり手間取りすぎ・・・(;´Д`)

津波到達までは90分という想定なのですが、それまでに安全な場所まで逃げなければならないのですから、できるだけ素早く家を出る必要があることも認識できました。

最初90分と聞いた時は、そんなにあるんだ、なんて思ったんですけれど。

日頃から練習しておく必要がありますね。

散歩に出かける時に、「今日は5分以内に全ての用意をして出発する」というように様々な目標を設定して練習してみる、というのもいいかも・・・。


小学校へ向かって歩き出すと、たくさんの人たちが同じ方向に向かって歩いていて、参加者の多さに市民の意識の高さを感じました。

それだけ、この地域にいつ大きな地震が起きてもおかしくない、という現実味をおびた危機感がひとりひとりにあるということだと思います。

少々出遅れたか?と心配しましたが、大勢の人の流れに加わり、ホッとしました。

小学校に着くと、地区ごとに列を作り、ゴール地点までまとまって歩いて避難です。

一歩もいくちゃんも、声を出すこともなく、不安そうな様子もみせず、ずっと落ち着いた様子でバッグの中にいてくれました。

兄ちゃんと一緒に避難するぞ!


すぐ前や後ろの人以外は、犬も一緒に避難していることに気づかなかったかもしれません。

他にも犬連れの人はいないか、気をつけて見ていたのですが、訓練に参加しているのか、散歩なのか、区別がつかない犬連れの人を何組か見ただけで、よくわからなかったのが残念でした。

犬を飼っている人たちが、どんな様子だったのか、知る機会があると嬉しいのですが。



ゴール地点に到着したのが10時40分。

これで訓練は一応終了で、解散です。

ゴール地点では、炊き出しの訓練や様々なイベントも行われていましたよ。

大勢の人たちの中でも、一歩もいくちゃんもバッグの中でずっとおとなしくしてくれていて助かりました。

たくさんの人の中でもいい子でした

顔だけ出して・・・(^-^)


本当の地震が起きれば、危険物がいっぱいで、犬を歩かせることも難しい状態なのでしょうし、とにかくたくさんの人がいますので、踏まれたりしないように、少しでも落ち着けるように、キャリーバッグ等に入れて避難する、というのは必須だな、と思いました。

落ち着いていたね


今回はこれで終了という内容でしたが、更に自宅に戻れない日が何日も続くようなことにでもなれば・・・。

もっと様々な想定をして、今回のように実際に動いてみることで備えをしていくことが大切だと思いました。



帰り道はお散歩しながら帰りましたよ。

やれやれ、やっと降りれたよ
やれやれ、やっと降りれたよ


やっぱりホッとしたよね。

ホッとしてのびのびしてる

がんばりました!

普段歩く道より人がたくさん
帰途につく人に混じり、いくちゃんも帰ります




いい子で参加できました
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村



保護犬たちへのお問い合わせ、お待ちしています!
こちらへ!
Red-String


関連記事

ジャンル : ペット
テーマ : 里親探し

[ 2013/02/01 08:17 ] いくと一歩 | TB(0) | CM(4)
2わんも一緒に避難訓練、頑張りましたね。
一歩先輩もいくくんもおとなしくしててえらかったですね♪

やっぱり日頃から意識を持っておかねば・・・
と思いました。

我が家も寝室に非常持ち出し袋は置いてますが、
日々中身を改めたり、
それを持って逃げられる体勢を作っておかねば。。

わたしの方もようやくリンクできました。
今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2013/02/01 08:42 ] [ 編集 ]
お疲れ様でした
ワンちゃん達と一緒の訓練、お疲れ様でした~
いざとなると、なかなか思った行動は出来ないけど
普段から頭のどっかにあると全然違いますよね

キャリーに入った一歩君のキョトンとしたお顔
とっても可愛いね(*´艸`)

いく君肩にかけたお兄ちゃん、重かったやろね(笑)
でも、お兄ちゃん以外では多分無理かも^^;

地震が来ると、犬って人より先に感じるので
いつのまにか、どっかに潜り込んでる事が多いです
犬自身で身を守ってるのかな(*'-')b OK!
[ 2013/02/01 09:40 ] [ 編集 ]
Re: つまぴょんさま
非常用の物品もいろいろ用意はしてあるんですが、
消費期限前に消費して入れ替えるというような
流れがうまくできていなくて、古くしてしまったり
忘れてしまっていたり・・・。
仕舞い込んじゃうと、いざという時に使えないし、
難しいです。人数分揃えると結構な量になりますしね~!

リンクありがとうございました(^^)
[ 2013/02/01 22:39 ] [ 編集 ]
Re: ふぁん太母さま
いくちゃん、やっぱりズッシリ重かったみたいで、
兄ちゃんは肩が痛くなったようです。
ひとりの時に避難しなければならなくなったら・・・
ひとりで2匹を担いでいくのはキツそうですねぇ。
避難は徒歩か自転車で、と書いてあったので、
いざとなったら自転車かなぁ。
でも道路の状態によっては自転車は難しい
可能性もありますよねぇ。
[ 2013/02/01 22:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する