はじめのい~~っぽ♪

保護犬の預かりブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

愛しのどんちゃん

年末年始、我が家で過ごしてくれたどんちゃん、

どんちゃんです


一昨日、預かりの桜子母さんの元へ帰って行きました。

桜子母さん、待っててね!
「今から桜子母さんのおうちに帰るんだ~!」


一歩ファミリーで6泊7日を過ごしたどんちゃん。

たったの1週間だったのだけど、胸がいっぱいになるような愛しさが溢れてくる、そんなどんちゃんでした。

穏やかなお顔のどんちゃん

どんちゃんは、やっと帰れるよ~!だっただろうけど、一歩ファミリーは寂しくって寂しくって。



どんちゃんが一歩宅に来るにあたり、スタッフのてんてんさんはとっても心配してらっしゃいました。

どんちゃんは怖がりなんです。とおっしゃって。

でも、我が家に来てすぐに家族みんなに親しみの気持ちを表してくれて、お腹出してごろんして甘えてくれて・・・。

全然怖がりなんかじゃないですよ、いい子ですよ~、って思っていました。

それが、一緒に日々を過ごす中で、次第にてんてんさんのおっしゃる意味がわかってきました。



どんちゃんは、素直で人懐こくてほんとに可愛いいい子。

どんちゃん


でも、何か大きなトラウマを抱えて生きている。

どんちゃんが過去にどんな生活をしていたか、知る由もありませんが、

どんちゃんと一緒に暮らしていると、伝わってくるものがあります。

どんちゃんは、過去の何らかの経験がずっと心の中に残っていて、

それがちょっとした出来事がきっかけになって、

あるいは、こちらからすると、きっかけもよくわからないくらい、突然に

ふっと甦り、どうにも抑えられない不安な気持ちがどんどん膨れ上がり、

必死で自分を守ろうとしてしまうのでした。

新しい年を迎えてのお顔



元飼い主は、どんちゃんの心にこんな大きな傷跡を残した挙句、

「シニアだから」という理由をつけて、どんちゃんを処分施設に持ち込んだのでした。

シニアだからという理由を正当化するためなのか何なのか知りませんが、

どんちゃんの実年齢よりもだいぶ多めの10歳という年齢を申告して。

そもそも、我が子を処分施設に持ち込むこと自体がありえないことで、どんな理由も、正当化できるような事柄もあるわけもないのだけれど。


でも、どんちゃん、辛かっただろうけれど、ラッキーだったよ。

元飼い主から解放され、今抱えているその心の傷を癒し、もうそんな怖い思いをしないで安心して生きていくチャンスがどんちゃんには与えられたのだから。

どんちゃんは、私が元飼い主を悪く言うのは、イヤかもしれないけれどさぁ。

どんちゃんネンネ



どんちゃんの心にふっと甦るその怖れの感情が消え去り、どんちゃんが心から安心して生きていくためには、たくさんの愛情や時間が必要なことでしょう。

でも、そんなどんちゃんの過去もこれからも、全てを引き受けて、どんちゃんと一緒に生きていきたいよと思ってくださる方がきっといらっしゃるはず、と信じています。

どんちゃんを丸ごと受け止めて慈しんでくださる、そんなご家族を、どんちゃんは待っています。

どんちゃん♪

どんちゃんどアップ!!



どんちゃんは、必死で自分を守らなければいけないような辛い経験をしたのだろうに、それでも今でも人を好きでいてくれます。

どんちゃん


やさしい目で見上げてくれます。

相手を傷つけてやろうなんて、全然考えていないんです。

その気になれば、簡単に人を傷つけることだってできる立派な歯を持っていますが、その歯をそんなことに使うことはしないんです。

そんなどんちゃんのやさしい心に応えたいです。

どんちゃん、桜子仮母さんの元で、温かく包まれて、自分を癒してください。

そして、絶対幸せになってね。



一歩が出した声に不安になり、怖がったどんちゃん。

その怯えるどんちゃんの様子を怖がった一歩。

そのどんちゃんと一歩が、お正月にはふたり並んで座っていたんですよ(^^)

どんちゃんと一歩

ふたりでこんなにくっついていられるようになったね

カワイかったわぁ( ´ ▽ ` )


どんちゃん、仮仮母は、どんちゃんの幸せを願って、ずーっと応援しているからね。(カリカリハハという呼び名がすごく気に入った母(*^^*))



どんちゃんの応援、よろしくお願いいたします
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村



どんちゃんへのお問い合わせ、お待ちしています!
こちらへ!
Red-String


関連記事

ジャンル : ペット
テーマ : 里親探し

感謝
さくらっこさんどんちゃんの素敵な記事・写真を有難うございます。
私が色々心配したこともすべて受け止めてもらって、どんちゃんのショートステイを快く引き受けて下さり、そしてこんなにどんちゃんのためにアピールしてくださっていること心より感謝です。
どんちゃんが抱えている心の傷がさくらっこさんファミリィーで癒され、新たな気持ちで桜子さん仮ママ宅に戻ったことだと思います。

さくらっこさんがどんちゃんをお届けしてもらい帰れらた時どんちゃんが後追いしていたと聞きました。さくらっこ仮仮ママの愛情どんちゃん嬉しかったんですよね。

あの子の心の傷を少しずつ溶かして下さる心の広いご家族に巡り合えるよう頑張っていかないと。

[ 2013/01/04 09:50 ] [ 編集 ]
Re: てんてんさま
保護犬って、どの子も一度は辛い思い、悲しい思いを
した子たちですもんね。
里親になる家族は、そういうこともひっくるめて全部
受け止める心づもりが必要だなと、自分も里親のひとり
として、改めて思います。

そういう子たちの表情が変わり、安心しきった様子で
家族の一員として過ごしてくれるようになっていく過程は、
長い道のりのこともあるけれど、家族にとって大きな喜び
です。(そして元預かりにとっても・・・)
どんちゃんにもきっと、どんちゃんを包み込み、癒して
くれるご家族が現れてくれますね。
あんなに可愛いいい子のどんちゃんですもの。絶対に
幸せにならなくっちゃ!

スタッフの皆さまには、保護犬と里親の橋渡しという
大仕事をしていただき、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。
[ 2013/01/04 15:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。