はじめのい~~っぽ♪

Red-Stringの保護犬の預かりブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まりんちゃんママのブログです。

今日からもう8月とは早いものですね。

重度の貧血により闘病中のまりんちゃんについて、皆さまに緊急のお願いをしてから、1ヶ月以上がたちました。

その間も、ご家族の必死の支えの中、まりんちゃんは一生懸命がんばりました。

途中、再度の緊急入院もありましたが、現在は「やっぱりうちが一番だな」って安心に包まれながら自宅療養しています。


今回、まりんちゃんのために、本当にたくさんの方が動いて下さり、応援してくださったことに、大変勇気づけられ、人と人との繋がりのありがたさ、人の温かさを感じました。

その思いを何かの形で表したい、というお気持ちがあったのではないでしょうか、まりんちゃんのがんばっている姿をお知らせできる場があれば、とまりんちゃんの看護で大変な中、お母さんはものすごいパワーを出して、ブログを作成されました。


こちらです。


「2わんこと一人っ子娘と趣味の植物たち」


今後とも、まりんちゃんやご家族を見守っていただけたら嬉しいです。

応援よろしくお願いします!!


まりんちゃん、がんばれ!!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : ペット
テーマ : わんことの生活

[ 2014/08/01 10:22 ] まりん | TB(0) | CM(2)

まりんちゃん 検査結果が出ました。

輸血が必要なため、緊急の供血ご協力をお願いしておりました、我が家の元預かりっ子まりんちゃん、骨髄検査の結果が出ました。

まりんちゃんのお母さまに代わりまして、報告させていただきます。


まず、病名なのですが、確定診断は出来なかったのだそうですが、「赤芽球癆」もしくは「非再生免疫介在性貧血」という骨髄の病気だということがわかりました。

治療法はどちらも同じとのことで、数日前から、免疫抑制剤とステロイドでの治療が始まりました。

この病気は、まだ症例が少ないため、基本の薬を使って治療してみて、効果がなければ違う薬を試す、というような流れになるようです。

まりんちゃんの場合、自分で赤血球を作ることができない状態なのですが、赤血球は徐々に減少はしているけれど、減少のスピードはゆっくりのようです。

現在は比較的落ち着いているようなのですが、薬の効き方次第では、今後また輸血が必要になることもあるかもしれないとのこと。

先の見通しがはっきりしませんが、前回供血のご協力のお声をかけてくださった皆さま、もしお願いしなければならなくなった時には、まりん母より改めて連絡させていただきますので、どうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

「赤芽球癆」または「非再生免疫介在性貧血」について何かご存じのことやアドバイスいただけること、体験談などありましたら、どんなことでも構いませんので、教えていただけましたら幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。




退院後のまりんちゃん


まりんちゃん退院後1
退院してきてホッとして、テーブルの上で爆睡中


まりんちゃん退院後2


まりんちゃん退院後3


まりんちゃん退院後4
お姉ちゃんに大事に抱っこされて・・・



まりんちゃん、がんばれ!!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
関連記事

ジャンル : ペット
テーマ : わんことの生活

[ 2014/07/07 15:12 ] まりん | TB(0) | CM(6)

たくさんのご協力、ありがとうございました。

前回の緊急のお願いの記事には、記事を拡散していただいたり、供血のご協力のご連絡をいただいたりと、たくさんの皆さまに温かいお気持ちで手を差し伸べていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

見ず知らずのまりんのために、親身になって、労力を惜しまずご協力くださった皆さまの存在に、感激しました。

このブログだけだったら、ほんの限られた範囲の方にしかご覧いただけなかったはずのところ、このことをご自分のブログやSNSなどで紹介してくださったり、心当たりのあるお知り合いに声をかけてくださったり、更に拡散依頼をしてくださったりしていただく中で、きっと驚く程たくさんの方々に目にしていただいたのだと思います。

そうやって、このブログからは決して繋がることのなかった方にも知っていただくことができ、○○さんが拡散協力をしているのなら、とご協力のコメントをくださる方もいらして、人の繋がりのありがたさをしみじみと感じることにもなりました。

本当にどうもありがとうございました。

皆さまのお力添えのおかげで、8頭のわんちゃんの飼い主さまから声をかけていただきました。

まりんちゃんのお母さんも、世の中にはこんなに優しい方がたくさんいらっしゃるんだ、皆さま温かい方ばかりで・・・と感激していらっしゃいました。

まりんちゃんの看病や通院をしながらでなかなか時間が取れず、皆さまに失礼をしていないか・・・とだいぶ気にされていました。皆さまにくれぐれもよろしくとのことです。



まりんちゃんは、先週金曜日に全身麻酔により骨髄検査を受けました。

前回の輸血後、すぐにまたヘマトクリットの数値が下がってしまっていたそうなのですが、骨髄検査時の血液検査では、前回の検査時からそれ程下がっていなかったそうで、もしかすると自分で赤血球が作れているかも、という望みが出てきたとのこと。

骨髄検査の結果は、1~2週間待たなければならないそうですが、本日の検査の結果により、薬をすぐに飲み始めるか骨髄検査の結果待ちにするかを決める予定だそうです。

まだまだ安心はできませんが、先週よりは、ずいぶんと落ち着いているということのようで、ホッとしました。

皆さまのお気持ちがまりんに伝わったのだな、と思いました。


たくさんのお声をいただきましたことと、まりんちゃんの状態とを考え、今回の緊急でのお願いは、一旦停止とさせていただこうかと思います。

供血ご協力のお声をかけてくださった皆さまには、病院と連絡をとりながら、まりん飼い主より改めてお願い申し上げることになると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

今後の経過によっては、また皆さまにお願いするようなこともあるかもしれませんが、その際はどうぞよろしくお願いいたします。

皆さま、本当にどうもありがとうございました。


まりんちゃん
元気な頃のまりんちゃんの写真をお母さんが送ってくれました


まりんちゃん2
懐かしい立ち姿(^^) しっぽも豊かになりました



にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

関連記事

ジャンル : ペット
テーマ : わんことの生活

[ 2014/06/30 14:50 ] まりん | TB(0) | CM(2)

緊急のお願いです。

久しぶりのブログです。


今日は、皆さまに緊急のお願いがあります。

2012年10月~12月まで、我が家の預かりっ子だった、まりんちゃん。

まりんだよ


素敵な家族が見つかり、幸せに暮らしておりましたが、少し前から重度の貧血状態となり、入院、輸血、検査、治療等がんばっています。

原因が特定できず、今日は入院時よりは少し体力が戻ったということでしょうか、全身麻酔による骨髄検査をすることになりました。今頃がんばっているのではないかと思います。

まりんちゃんのご家族も、不安に押しつぶされそうなお気持ちを必死に奮い立たせて、まりんちゃんを信じ、支えてくださっています。

まりんちゃんには今後まだ複数回の輸血が必要なようですが、病院での輸血にも限りがあるようで、あと1回しかしていただけないのだそうです。

あとは、飼い主が自分で供血してくれる犬を探さなければなりません。


そこで、供血にご協力いただけるわんちゃんを緊急で探しております。

供血していただくわんちゃんは、15kg以上の体重で、7歳以下などいくつかの条件がある(病院からの指定で変更の可能性もあります)ので、うちの一歩やゆずではお役に立てず・・・(悲)

まりんちゃんが治療している病院は、奈良県葛城市にある病院ですので、そちらに赴いて頂けることも条件となります。

ご自分のわんちゃんが協力できるよ、とおっしゃっていただける皆さま、お知り合いにお心当たりのある皆さま、もしいらっしゃいましたら、コメント欄、メール等でご連絡いただけましたら幸いです。


今回、緊急でご協力いただけるわんちゃんを探しております。

皆さまのお力添えを、どうぞよろしくお願いいたします。

また、少しでも多くの皆さまの目にとまるよう、このブログを拡散していただけましたら助かります。

どうぞよろしくお願いします。

まりんちゃん
まりんちゃん、がんばれ!!



にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村




関連記事

ジャンル : ペット
テーマ : わんことの生活

[ 2014/06/27 10:39 ] まりん | TB(0) | CM(18)

近況報告

ついこの間、新しい年を迎えたと思っていたら、なんと今日はもう立春なんですねぇ。


昨年の3月に預かりっ子のいくちゃんが卒業して以来、わんこは自分だけというのんびり生活を送ってきた一歩でしたが。

12月にM・ダックスの男の子がうちの子として仲間入りしました。


ゆず 推定8才
ゆず



飼い主と別れる → 事故に遭い骨盤を骨折 → センターに収容される → うちの子になる → 入院し手術を受ける → 入院生活 → 一歩宅に移動する 

ほんの半月の間に、これだけの出来事と環境の変化に見舞われたゆず。

混乱とショックの大きさは想像に難くありません。

幸い、骨折は順調に治ってきていて、もう心配なしになりました。

ゆず


「ゆず」という自分の新しい名前をすぐに覚え、呼ばれれば嬉しそうに寄ってきて甘えます。

今まで預からせていただいた子たちもそうでしたが、家族、住む場所、自分を取り巻くもの全てが変わったのに、自分に起こったことを受け止めて前向きに過ごしている様子を見ると、犬ってえらいなあ、健気だなあとしみじみ思います。

一歩も、突然興奮と不安で落ち着かない犬がやってきて(これまでの預かりっ子たちとは比べものにならない落ち着かなさ(^^; )、混乱も正直迷惑もしたと思うのですが、ゆずがちょっと落ち着いてきたら、もう大丈夫、と自ら判断し、ゆずが届かない椅子の上の避難生活をやめて下に下りてきました。

一歩



ゆずが来て1ヶ月半。

ゆずもだいぶ落ち着きました。

今ではこんな風に一緒の布団で寝ていることも。わざわざ同じ布団に入っていくのは、大抵ゆずです。一歩も平気で寝続けています。

一歩とゆず





ゆずを迎えるにあたり、これだけはと自分に誓ったことがあります。

散歩は、一歩とゆず、ひとりずつ。

ひとりで同時にリード2本持って散歩させない。

行きたいコースも立ち止まりたい場所も、立ち止まりたい時間もしたいこともそれぞれだから。


私が2年ほど前に出会い、いつも勉強させてもらっているブログの中のこちらの記事。
「犬の世界を知ろう」

散歩に関して、いつもこのことを忘れないようにしています。


犬にとって、散歩は「生きる意味」とも言えるほど重要なもの。

そんな大事な散歩にお供させてもらって、一歩の世界、ゆずの世界を教えてもらえるなんて幸せなことです。

一歩散歩


散歩中


そのようなわけで、私には(そして一歩やゆずにとっても)2頭が精一杯。もう預かりっ子を迎えることは難しくなってしまいましたが、これからも一歩やゆずの後輩である保護犬たちの幸せを願い、自分にできることがあれば少しでもしていかれたら、と思っています。




ゆずは、人が布団をかけて寝ていると、必ずその鼻先を上手に使って布団にもぐり込み、寝ている人の足の間に割って入り、太ももを枕にして体をピッタリくっつけて寝ます。

ウロウロしたりしないで、瞬間で位置を定めます。

太ももを枕に寝ます
そっと布団をめくってみたら・・・。いつもはもっと股間に近い


きっと以前の飼い主ともそうやって寝ていたんでしょう。だって、とても慣れた様子で何年も繰り返してきた熟練の技って感じですから。

そんなこととか、散歩が大好きでゆったりのんびり楽しめるところとか、甘えん坊のところとか、保護された時の毛並とか、諸々からして、別れてしまった直前まで、可愛がられていたのだろうと思わせます。

それでも捜してもらえない、別れてしまうこともあるのかなぁと思うと、何とも言えず複雑な心持ちではありますが、私もゆずと同じように、前を見て今を生きようと思います。


預かりっ子がいない今、このブログの役目も終了というところですが、これからも一歩とゆず、元気に暮らしていきます。

一歩とゆず 



これまで、預かりっ子と一歩を応援してくださり、ありがとうございました



さっちゃん、みのりちゃんへのお問い合わせは
こちらへ!
Red-String


ジャンル : ペット
テーマ : わんことの生活

[ 2014/02/04 16:30 ] 一歩とゆず | TB(0) | CM(10)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。